« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月 アーカイブ

2007年03月03日

キヒトデのその後


 先日ご紹介しました腕が1本のキヒトデですが、それからすくすくと腕を伸ばしこのようになりました!
 現在、時計回りで8ミリ、7ミリ、3ミリ、8ミリまで伸びています。また、時期をみてご報告いたします。

2007年03月07日

石頭


 矢印の先にあるのは、イルカのショープールにかかる渡り板です。隣のホールディングプールに通じる水門の向こうに渡るためのものです。
 よく見てください。少し曲がっていませんか?。もともとはまっすぐ、水平だったんです。 これは下から上の方向に何か強い外力が加わったためとしか考えられません。その外力とは...

 水門の向こうで笑っている?イルカ、「ラン」の石頭です。夜な夜な、頭で渡り板を突き上げているようなんです。この「ラン」、一人前のショーイルカになるためトレーニングを重ねているんですが...もっと、ましなこと覚えろよなぁ。

2007年03月11日

バフがけ

 飼育係が機械を水槽に当てています。何をしていると思いますか?

 バフと呼ばれる綿の布でできた円盤に磨き粉をつけて、水槽のガラスを磨いているところです。小さな傷であれば、この作業によってかなり目立たなくすることができます。
 館内では一部の水槽でフラッシュでの撮影をご遠慮いただいていますが、基本的に撮影は自由です。お客様が撮影してくださるのは人気の証。とてもうれしいことなのですが、つい夢中になってカメラのレンズを水槽にぶつけてしまう方もいらっしゃるようです。ガラスとはいってもその材料はアクリルという傷のつきやすい樹脂。早い話がプラスチックなので、どうしても傷が付いてしまうのです。
 これを読んでいただいた皆さん、どうかカメラにも水槽にもやさしい記念撮影をお願いいたします。

2007年03月23日

赤いやつ

 シャークホールにいる赤いやつ。その名は「アカイセエビ」。先日、お正月水槽で紹介したあのイセエビです。このイセエビが水槽の掃除の時にシロワニより恐い存在になるとは当時は考えもしませんでした。
 シャークホールのサメ達は基本的に人を襲いません。遊泳コースを邪魔しなければ頭の上やら30?わきを悠々と泳いでます。しかし、このアカイセエビは擬岩をゴシゴシと擦っていると立派なヒゲで攻撃してくるのです・・・。頭や頬をビシバシと・・・。これが地味に痛いんです。
 前進しないと掃除は進まないし、でも前進するとヒゲ攻撃だし。地味な痛みを我慢しながらの清掃がこれからも続きそうです。

2007年03月26日

石頭のがんばり

 先日、ご紹介した“石頭”イルカのラン。石頭をなげいてばかりではランがかわいそうなので、ここはひとつ、ランのがんばりもご覧いただきましょう。
 少しずつ種目を覚えつつあるんですが、今はハードルジャンプの練習中です。水中に沈めた白いハードルを恐がらなくなることから始めて、少しずつ跳ぶハードルの高さを上げていきます。三歩進んで一歩下がる、って感じですが、がんばっていますよ。

でも、ほとんど背面跳びなんですけど...(先輩イルカはもちろんお腹を下にして跳びます)。

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト