« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月01日

ヒナの成長日記 その5


 7月1日、58日目。

 すっかり巣穴の中にいることが少なくなり、1日のほとんどを陸場で過すようになりました。他のペンギンは、見慣れないのがいるぞー、と興味津々。ヒナを数羽で囲んだり、時にはちょっかいを出してみたり。そんな時は、親鳥がすかさず寄ってきてヒナを守ります。
 モヒカンヘアーは健在で、6月26日に体重を測ったところ3.30Kg!!2週間前に比べてプラス2.18Kgも大きくなっていましたよ。

 そして今朝、初泳ぎをしました。掃除をしている時にホースにつまずき、プールに入ってしまったようです。ちょっと慌てた様子で、プカプカと浮いているだけでしたが、上手に泳いでいました。

2007年07月05日

菜園 またまた問題発生!

 以前お話した「バジル畑」、覚えてますか?。バジルだと思って丹念に世話していたら、ホトケノザだったというお話。今回はその続きです。
 あの後すぐにホトケノザを抜いて、わずかに生えていたバジルを大切に大切に育ててきました。立派に生長しましたっ!!!ちょっと葉っぱをなでるだけで、バジルの清々しい香りが漂ってきます。いよいよバジリコスパゲティ、目前か?
 しかし、今度はまた別の問題が発生。1つは虫食いです。しゃくとり虫に似た小さな幼虫に、バジルの葉をかなり食べられてしまいました(←雨の中、Tさんが地道に虫取りをしてくれたので、今はなんとか回復しました)。

 もう1つは海水です。「バジル畑」のすぐ裏は、壁を隔ててイルカプールがあります。イルカたちが元気よくジャンプするたびに、畑に海水が・・・大丈夫かなぁ?

 バジリコスパゲティへの道は遠い......(C.S.)

2007年07月08日

ヒナの成長日記 その6


 7月7日 64日目。
 モヒカンへアーがいつの間になくなっていました。初めてプールに入った時は慌てた様子のヒナでしたが、今では自らプールに入って泳いでいる姿をよく見かけます。しかも、浮いているだけではなく潜ってスイスイと泳いでいます。
 ヒナの手前にいるペンギン、見た目がちょっと変ですが病気ではありません。ペンギンは一年に一回「換羽」と言って羽が全部生え変わる衣替え(ころもがえ)の時期があります。ちょうど今がその時期で今年一番に換羽が始まったマゼランペンギン黒緑です。

2007年07月11日

おとなしいサメ、おそろしい掃除

 水族館の水槽は汚れたら定期的に掃除をしています。大型の生物が入っている水槽は生物を移動できないので、生物がいる状態のまま潜水して掃除することが多いです。サメのいる水槽も例外ではありません。

 サメ水槽の主的存在のシロワニは比較的おとなしいサメと言われています。潜水掃除をしていても襲ってくることはありません。反対に、実に迷惑そうにしています。しかし、驚いて暴れてしまった場合には、潜水しているスタッフに激突してしまうことも考えられます。そこで、シャークスーツという忍者の鎖帷子(くさりかたびら)のような服を潜水用のウェットスーツの上に着て作業します。掃除の時には潜水するスタッフが一名、上でサメがスタッフにぶつからないよう監視するスタッフが二名の合計三名で作業をしていますが、潜水している約40分間は全員気を抜けません。
 
サメ水槽のアクリルをよく見ると、シロワニが歯でつけた傷を見つけられると思います。そんな勢いでぶつかられたらと思うと冷や汗が出ます。(H.F.)

2007年07月19日

テールキック


 先日、ついにイルカショーで、ランのテールキックを披露しました。この「テールキック」という種目、ご存知ですか?尾ビレを使って、ビーチボールを客席にシュートするというものです。
 トレーニング開始から1ヶ月ちょっと・・・まずはボールに慣れさせる所からスタートです。徐々に段階を踏んで、そしてようやくお披露目となりました。
 しかし・・・完成したと思ったら、今度は勢いよくキックしすぎて、アクリルに当たって跳ね返ったり、お客さんの頭上を越えて屋根の上に飛んでいってしまったり。
 先輩イルカたちのような華麗なシュートができるようになるまで、あともう一息!みなさん、ランのテールキック、ぜひ見に来てくださいね。(C.S.)

2007年07月20日

何かがうごめいている


光に誘われるように何かがたくさんうごめいています。
気になったあなたは水族館へダッシュ!
「知ってビックリ!!『オモシロ 海の科学館』」開催中です。(N.N.)

※9月3日をもちまして終了しました。

2007年07月22日

犯人は...

 以前みなさんに、イルカのショープールにかかる渡り板が曲がってしまったお話
をしましたよね。 実は、最近さらに曲がってしまったんです!!

 渡り板が山の様に曲がっているの、分かりますか??。こんなに曲がってしまったので、渡るのもちょっと大変なんです(笑)。
 さて、一体誰がこんなに曲げてしまったのかというと・・・犯人は、この写真のイルカ! そう、石頭でおなじみのランです!最近はショーで公開出来るようになった種目が多くなってきて絶好調のランですが、イタズラ?も絶好調です!!
 どれだけ渡り板が曲がってしまったのか、写真では分かりにくいと思うので、是非みなさんの目で確認してみてくださいね。

クッキーの盆踊り、やってるよー!!

 なかなか梅雨が開けずスカッと晴れる日がありませんね・・・ですが、待ちに待った夏休みがやってきました。皆さん、夏といえば何を連想されますか?海水浴ですか?花火大会ですか?
 しながわ水族館の夏といえば、やっぱり『ドルフィンスプラッシュタイム』ですが、もう一つあります。それはクッキーの盆踊りです。クッキーがねじりはちまきをして、盆踊りでお馴染みの曲に合わせて踊ります。
 7月21日から8月31日までの公開です。是非見に来てくださーい!

※公開終了しました。

2007年07月30日

またまたランです


 ランがまた一つ種目を覚えました!
 今度はコーラスです♪

 トレーナーの指揮に合わせて鳴くコーラス♪♪♪
 イルカの声って、どんな声かご存知ですか?
 写真のランは口を開けていますが、イルカは口からではなく、頭の上にある“呼吸孔”という穴の中にあるヒダを震わせて鳴きます。また、私たち人間と同じ様に色々な声を出したり、それぞれのイルカによっても違います。
 最初はなぜか、ランは鳴きながら胸ビレや頭をおもいっきり振っていました。今では、すっかり落ち着いて鳴いていますが、一生懸命な姿がかわいかったのでちょっと残念です。

 まだまだ声が小さくて練習中ですが、先輩イルカと一緒にショーでもコーラスに参加します。皆さんよーく耳を澄まして聞いてあげてください。(H.S.)

キヒトデのその後 Part5


 153日目を迎えることができました。ただ今、時計回りで38ミリ、36ミリ、30ミリ、33ミリまで伸びています。
 久しぶりの登場です!「もしや、死んでしまったのか?」っと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 ご心配なく!!ちゃんと元気に伸びています。

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト