« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月03日

どんだけー

今年のドルフィンスプラッシュタイムはすごすぎる
客席にかかる水しぶきだけじゃなくて、トレーナーの濡れっぷりもすごい!
ってこれバケツ!どんだけー!(K.T.)

※ご参加 ありがとうございました。

2007年08月07日

夏 到来

 しながわ水族館、魚類飼育スタッフにとって夏と言えばコレ。「飼育体験」です。

 みんな初めての体験で緊張しています。しかも慣れない出刃包丁なので真剣。でも1時間もすれば手と同じくらい口が動き出します。スタートしたときは大人しいのに・・・。まあ、子供でも魚でもイルカでも、元気なのは良いことです。ほどほどが大切なんだけどね。(T.F.)

   ※「飼育体験」の募集は終了しています

2007年08月12日

炎天下のステージ

暑いですね。
イルカショーの客席には屋根がありますが、ステージには屋根がありません。
連日、炎天下のショーをしています。
汗が止まりません。
どのぐらい暑いのか気になったので測ってみました。

よんじゅうごどーーー!! 風呂より暑いよー。(K.T.)

2007年08月16日

入道雲


暑い日が続いていますね。
猛暑のなかアシカたちは元気にショーをしています。
ショーの間にも、入道雲が大きくなって、夏を感じさせてくれます。
アシカはこんな雲の形もみているのかなぁ。(K.T.)

2007年08月22日

海獣トレーナーに求められるもの


 漁港や岩浜で見かけるこの生物。そう、フナムシです。
 でも、フナムシと海獣トレーナーの関係って???

 ずばり、このフナムシが恐くて足がすくんでしまうような人はトレーナーにはなれません。しながわ水族館は海に近いのでイルカの餌を準備するバックヤードにもよくフナムシがうろうろしています。トレーナーを目指す人はまず、フナムシを克服しましょう!??(N.N.)

2007年08月23日

藻の中には

水族館入口を入ってすぐ右側に、「東京湾の荒磯と干潟」という水槽があります。
この水槽には造波装置があり、ギンユゴイや作り出される波で遊ぶアカエイなどたくさんの魚達が泳いでいます。
水面を見てみると“藻”が漂っているのですが、この中を見てみると‥
意外にも魚達がぎっしりと身を潜めているのです。(決して絡まっているわけではありません)

この魚はベニツケギンポという名前で、石の下や海藻の間などに潜る習性があるため、このような姿が見られます。
皆さんもぜひ探してみてくださいね。(C.H.)

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト