« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月02日

横たわる魚

水槽の奥にいる赤い魚が見えますか?
そう、ブロックの奥に隠れるように横たわっている魚です。

この魚の名前はコブダイ。なぜかいつもこんな姿でいます。餌をあげる時にはどの魚よりも先に泳いできて、他の魚の餌まで横取りしながら食べるのに・・・。
そんなコブダイは、水族館入り口のそば、「品川と海」水槽にいます。
餌は13時30分過ぎぐらいからあげます。特に月・水・金曜日が餌をものすごく追いかけますので、お時間が合いましたらぜひ、コブダイを見に来てくださいね。(C.H.)

2009年10月04日

かぼちゃ割始めました!

かぼちゃにちなんだものを見せれば入館料を割引しちゃう“かぼちゃ割”。
券売の窓口には結構な数のかぼちゃが訪れています。
イベント未満の企画ですが、しながわ水族館へ行こう、とホームページをチェックした時点から、「しな水のハロウィーンフェスティバル 2009」を楽しんでくださっているようで、うれしい限りです。

お客様が見せてくれた、かぼちゃにちなんだものをここでご紹介。
ポーチや帽子、Tシャツ、サングラス、ハロウィーン限定のお菓子、かぼちゃを使った料理を携帯電話で撮影した画像、などなど。
ちょっと変わったところでは、えいっと足を高く上げてペディキュアのかぼちゃ。

もちろん、ちなんだものじゃなく、まんまでもいいんですよ。どーんと本物のかぼちゃ、待ってます!!(N.N.)

2009年10月13日

立つアシカ

そろそろ帰るか、とアシカ水槽の横を通って更衣室に向かおうとすると・・・水槽の中に直立する黒い影が!!

なんとカリフォルニアアシカのプリンが、アクリルガラスを背に立ったまま寝ていました。
誰への遠慮なのか陸場の隅っこで寝ているプリンの姿を以前にご紹介しましたが、今度は立ったままですか!もう少し早ければ、レッサーパンダの風太くんに続くことが出来たかも、です。

画像が不鮮明なのはご容赦ください。あわててカメラを取りに行き、とにかくパチリ。そこで気付かれてしまい、これっきりの1枚なのです(N.N.)。

2009年10月15日

マダラトビエイが産まれたよ!

今日しな水に新しい命が誕生しました。
トンネル水槽を悠々と泳ぐマダラトビエイに赤ちゃんが生まれたのです。3尾のマダラトビエイの中で唯一のメス個体のお腹が最近ふっくらとしてきて、スタッフ一同出産を心待ちにしていました。
『無事に産まれてきてくれて ありがとう』
そして元気な赤ちゃんを産んでくれたお母さん、お疲れ様でした。
いっぱいご飯食べて大きくなろうね!
ひとつ気になるのは...お父さんはどっちかな?(Y.Y.)


※マダラトビエイの赤ちゃんは他の魚に傷つけられないよう、お客様からは見えない予備水槽に移動しています。これだけ持ち上げておいて見られないなんてすみません。うれしくてお伝えせずにはいられなかったんだもん。

2009年10月19日

きのこの里

この苔むした物体は、「東京湾に注ぐ川」のイワナ水槽で以前ディスプレイに使われていた流木です。滝のそばに飾られていたため、いつのまにか立派な苔になりました。

この夏のリニューアルオープンに伴って、流木は裏にさげられたのですが、ここ最近キノコが生えるようになったのです。なんという名前なのか・・・食用なのか・・・なんとも謎のキノコですが、なんとなくかわいいのでご紹介しちゃいました。
残念ながら2‐3日するとしおれてしまうのですが、毎週土曜日に行われる「裏方ウォッチング」で、このキノコが生える流木のそばまで行くことがあります。謎のキノコを見ることができるかもしれませんので、ぜひスタッフにお声掛けくださいね。(C.H.)

2009年10月21日

お花見はいかが?

しながわ水族館すぐそばの、品川区民公園内の桜が開花しました!時期的にはまだまだ、まだまだ早いですが、お花見はいかがですか。
きのうの東京地方は夏日、最高気温は27.1℃。ちょっと間違えちゃったんでしょうか。(N.N.)

2009年10月29日

稲刈り


葉っぱの縁が黄色くなってしまう症状を乗り越え、台風18号・20号の強風にも耐えた、しながわ水族館の田んぼ。先日とうとう稲刈りを行いました。腰が痛くなる前に済んでしまう、あっという間の作業でしたが。
ご覧のように、「東京湾に注ぐ川」水槽にも秋の風が吹いています。はたしてどれくらいのお米がとれるのでしょうか?食べるのは誰?(H.Y.)

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト