« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月 アーカイブ

2014年07月04日

きれいになりました!

しながわ水族館で一番大きなトンネル水槽 

こちらではダイバーが潜水して、水中で様々な生き物を紹介する

「水中ショー」も公開しています。

水中ショーでは、お客様により近くで生き物を見ていただくために

アクリル面ギリギリ、時にはアクリル面に餌を付けて食べる様子を

ご覧いただくようなこともしています。

このようなショーを毎日行っているので、アクリル面が傷ついてしまい、

少々見えづらくなっていました。

そこで、先日の休館日を利用し、傷ついたアクリルを研磨して、

見えやすくする「バフがけ」を実施しました。

まずはアクリルに付いてしまった深い傷の周りを機械で削ります。

そのあと、バフ(羽布)とよばれる円形の布を高速で回転させて

、アクリル面に当てます。この摩擦熱でアクリルの傷を目立たなくするのです。

朝から飼育係みんなで潜水して、魚たちを移動したあとに作業を開始しました。

滅多にやらない作業で、緊張しながらの1日でした。

バフがけ実施後は、見違えるようにキレイ(透明)になりました。

色々な生物を見ていただき、さらに水中ショーも行っているアクリルがキレイになったので、

ショーダイバー達もテンションアップしています!

当館シャークホールで展示しているシロワニ。

大きな口から見える歯が恐ろしげで、とっても人気がある魚です。

水槽にはシロワニの歯が落ちています。

シロワニの歯は私たちと違って、定期的に抜け替わります。

つまり、いつでも鋭い歯が生えているのです。

種類によっても異なりますが、サメは一生のうち、

歯は数万本も生え変わるといわれています。

当館のシロワニ水槽で抜け落ちた歯は、

定期的に回収して殺菌消毒処理をして保存してありますが、

状態の良い歯を販売することになりました。

館内出口に設置したガチャ機で1個200円にて販売しております。

ご興味のある方は是非お買い求めください。


尚、在庫が少なくなった場合は、

事前告知せずに販売を一時休止する場合もございますので、ご了承ください。


2014年07月09日

水が……ない

昨日はとても良いお天気でした♪♪

さぞかしイルカ達もプールで気持ち良く泳いでいるはず…

…あれっ!!??

プールの水がない…!!!!!

実は昨日は、しながわ水族館の休館日。

※写真左側は、客席です

毎年恒例となった夏休み前のプール落水清掃☆


※写真右側が、ステージです

プールの底にスタッフが入り、念入りにゴシゴシ掃除中…

イルカ達はきっとこうゆう風に景色を見ているのかもしれないですね♪


掃除の間、イルカ達は隣のプールで待機中…

いつもと違う雰囲気に隣のプールが気になる様子。。

1日がかりの掃除のおかげで、プールはとっても綺麗になりました!!!!!!

イルカ達もご満悦の様子でした♪♪♪

スタッフもイルカ達も心から皆さまをお待ちしております(*^_^*)


2014年07月13日

水草繁茂(はんも)中!

‘東京湾に注ぐ川’コーナーの水槽に水草を植えたことを、

5月の終わりにブログで報告させていただきました。

上の写真は、そのときのブログに載せたものですが、

撮影してから約1か月半が経過し、着々と伸びてきました。

こちらの画像は現在の様子です。

最初のころと比べて、展示している魚や貝が潜ったときに、

水草が水底から離れて浮いてしまうのも、ずっと少なくなって

根付きはじめているようです。とは言っても、伸びた水草をトリミングして、

切った水草をまた植えなおしているので、

水草が生えているスペースが増えているのと同時に、

管理の手間もどんどん増えています(笑)

水草の美しさを見ていただくことも勿論ですが、

自然に近い環境を作り出して、生き物の営みをなるべく再現して

多くのお客様に見ていただくことが一番の目的です。

最近はタイリクバラタナゴの産卵行動がよく見られています。

オスが寄り添うそばで、メスが長い産卵管を二枚貝に差し込んでいる様子や、

オス同士がヒレを広げて争う姿なども観察してみてください。

大きい水槽の大きな魚も目を引きますが、

小さな水槽の小さな生き物も面白いですよ!


2014年07月30日

手乗り○○

手乗り○○って聞いたことありませんか?

小鳥などが、差し出した手に乗ってくるほど馴れているという表現で使われますね。

ペットショップなどで‘手乗りインコ’などという表記をご覧になった方もいると思います。

しながわ水族館では、小鳥は現在展示しておりませんが、

‘潮の満ち干と生物’という岩礁域に棲息する生物を展示している水槽で、

ちょっと変わった生物が手に乗ってきます。

その正体は…ショウジンガニです!


展示しているウメボシイソギンチャクや他のカニなどに餌を与えるときは、

水槽の陸地部分でしゃがみこんで餌を与えています。

おそるおそる脚を近づけて餌を引き寄せようとするショウジンガニに餌を与えていたら、

段々と大胆になってきました。

手にも乗ってくるほどになりましたが、あくまでも餌が目当てです。

手に乗せている餌をハサミでムニムニとつまみながら探します。

つまむのは私の指や手のひらなので、かなーり痛いです。

餌を見つけると、ハサミで掴んでそそくさと水の中へ…。

私はもう少し仲良くなりたいと思っているのですが、

完全に割り切られた関係です(笑)

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト