« 2014年08月 | メイン | 2014年10月 »

2014年09月 アーカイブ

2014年09月01日

イベントのご案内

「東京湾の森と海のつながりを学ぼう」というテーマで、

大井ふ頭中央海浜公園としながわ水族館が共同で行う

親子体験イベントを9/21(日)に開催いたします。

画像は昨年撮影したものですが、普段は立ち入り禁止区域

となっている干潟での観察会や、しながわ水族館見学も兼ねた

盛りだくさんの内容となっております。

10組20名(お子様は小中学生対象)を募集しており、

参加費は1組¥2,000?(水族館入館料含む)となっております。

イベントの詳細はこちら(http://www.aquarium.gr.jp/topics/index.html)をご覧ください。

参加を希望される方は、申込み締切が9/7(消印有効)となっております。

2014年09月03日

新しい仲間がやってきた!

しながわ水族館のクラゲコーナーに

新たな仲間が加わりました!

ウラシマクラゲという1から2センチメートル程の小さなクラゲです。

丸い傘から伸びた4本の触手があり、

水槽をふわふわと漂う姿はまるで風船のようで

とても可愛らしいクラゲです。

実は、ウラシマクラゲの飼育はしながわ水族館では

初の試みになります。

クラゲ担当者は多くの方にこの可愛らしいクラゲを

見ていただくために試行錯誤しながら展示を

していこうと考えています。

しながわ水族館ではこのウラシマクラゲの他にも

ミズクラゲなど3種類を展示しています。


生物の状態によっては展示を変更させていただく場合がありますので、

可愛らしいウラシマクラゲを是非見に来てくださいね。

2014年09月17日

サンゴイソギンチャクの行方


イソギンチャクにも、好みの場所があるようです。

共生水槽のサンゴイソギンチャク1個体がどうも落ち着かない様子・・・

スタッフの望む場所には落ち着いてくれませんでした・・・。

イソギンチャクの下面は足盤(そくばん)とよばれ、

岩や砂地に定着します。あまり動かないように思われますが、

足盤を使い移動することができます。

このサンゴイソギンチャクは、どこへ行くのでしょう?

ガラスにくっついていますけど・・・

そこは居心地いいのかな?(笑)

サンゴイソギンチャクがどこにいるのか、ご来館の際は写真と比べて見てくださいね!

2014年09月19日

Shall We “TAKO” Dance?


しながわ水族館の「珍しい魚たち」コーナーのミズダコが今熱いです。

餌の与え方や照明を変えたことで、

ミズダコの動きをひきだすことに成功しました。

たまにジッと休んでいることもありますが、

かなりの確率でアクティブに動くミズダコが見られます。

八本の足を自在に振り回してうごめく様は、

まるで何かに付かれたかの様な踊り方で、

普段の岩陰に潜むイメージのタコとは別物です。

躍動感あるミズダコの動きは、今までの決まった時間での餌やりをやめて、

毎日ランダムに岩陰等に隠すように変更することでうまれました。

ミズダコも、自然界のように餌を積極的に探すため、良い刺激になっているようです。

皆様もしながわ水族館で、ミズダコと一緒にタコ踊りしてみませんか?

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト