« 桜満開 | メイン | 交通安全 »

さくら

しながわ水族館がある品川区民公園は、

園内に多くの桜が植えられており見頃を迎えています!

スタッフが手に入れたばかりのデジタル一眼レフカメラの

‘桜撮影モード’を使って、園内の‘桜’と水族館の‘サクラダイ’を撮影してみました。


春に満開の花を咲かせる園内の桜も見事ですが、

水族館にも桜を連想する魚がいます。

その名はサクラダイ

サクラダイは桜の花びらを散りばめたような模様が特徴です。

この体色はオスだけで、メスは全身がオレンジ色です。

群れの中の強い個体が、メスからオスに性転換をするといわれています。

「この桜吹雪、散らせるものなら…」という時代劇の決めゼリフがありますが、

そんな桜を全身にまとったサクラダイを展示しています。

さて、、、強いメスがオスに性転換…といわれていますが、

特にケンカが激しい種類でもありません。

メスからオスに性転換する個体もいれば、メスのままで一生を終える個体もいます。

どのようなメカニズムで性転換をしているのか?個人的にはとても不思議です。

水族館近くの桜も見事ですが、公園には多くの桜が植えられていますので散策してみてください。

ご来館当日でしたら、半券のご提示で何度でも再入館が可能です。

サクラダイは周年展示をしていますが、桜が咲くのはこの時期しかありません。

‘桜’と‘サクラダイ’を見比べる一風変わったお花見はいかがでしょうか?

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト