« ドルフィンスプラッシュタイム | メイン | カメラ君の水中散歩が・・・ »

新人ダイバーの練習


閉館後のトンネル水槽では、新人ダイバーの水中ショーデビューに向けての

特訓が行われています。

きれいな泳ぎ方、生き物を紹介する場所での体の固定方法、

さらには息継ぎのタイミング等・・・覚えなくてはならないことがたくさんあります。]

水槽の中では、餌をもらおうと大きな魚やアオウミガメが近づいてきます。

泳いでいるときにアオウミガメの甲羅に頭をぶつけたりしたら事故につながります。

水中でも会話できるシステムですが、

自分の息継ぎの音で進行役の解説者の声が聞こえなければ、

ショーの進行にも悪影響を与えてしまいます。

デビューは秋頃でしょうか?

生き物とダイバー双方の安全を保ちながらも楽しい水中ショーが出来るように、

先輩ダイバーたちの熱血指導が続きます。

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト