« しな水ハッピーハロウィン2015 | メイン

水底の窪み


‘東京湾に注ぐ川’コーナーの源流域水槽では、ニジマス・ヤマメ・イワナを展示しています。

朝、水槽の点検をするときに近づいていくと、丸い窪みがありました。

底に敷いてある石がきれいにどかされて、水槽底面の白い塗装があらわになっています。

その周りをせわしなく行き来するニジマス。よく見ると、お腹がすこし丸くなっています。

産卵のため、ニジマスが掘った窪みでした。

メスが産卵するための窪みを掘って、オスと共に産卵放精をすることで

卵を受精させます。産卵が終わったあと、メスが窪みを埋め戻して産卵行動は完了します。

サケの産卵のように、産卵後に力尽きることはありません。

鼻先が丸い左の個体がメス、鼻先が少し尖っているのがオスです。

オスが産卵場所を守ろうと、必死になって近くにくるヤマメやイワナを追い払っています。

ヤマメやイワナが少しかわいそうですが、産卵が終わるまでもう少し辛抱してもらいます。

しながわ水族館のトップページに戻る
飼育係のひとりごと 携帯サイト
携帯サイト